VIO脱毛の効果は?何回通えばいい?

VIOは全身の中でも効果がなかなか出にくい部分。
何回くらいでどのようなムダ毛の減り方をしていくのか、VIOの脱毛経緯をまとめました。
VIOの脱毛には個人差がありますので、参考程度に見ていただければと思います。

 

 

脱毛ラボのVIOの効果回数別

初回~3回目 特に効果は見られず
4回目~9回目 V・Iラインのムダ毛がするっと抜けることが増える
10回目~15回目 VIO全体的に生えてくるムダ毛のスピードが遅くなる
16回目~ VIOともにムダ毛の全体量が減る

 

VIOの効果を実感したのは10回目以降

私が実際にVIOの毛が確実に減少したな、と実感したのは10回目以降でした。
それまでは、やたらお風呂の時にVIOの毛が落ちることが多かったり、脱毛ラボに通う前日に自己処理をするのですが、その時にムダ毛を処理する時間が減ってきている、といった具合が続いていたので正直不安でした。
特にOラインは最後までよくわからないまま終了してしまいました。
私は18回で終了したのですが、結果的に今は少しショーツのラインからはみ出ている部分を気づいた時にシェーバーで処理する程度で完了しています。
全体の脱毛効果でいうと、私はVIOが一番回数がかかった部位でした。

 

ちなみに、この18回という回数は、脱毛ラボのスタッフに勧められた回数でもあります。
最初は半信半疑でしたが、やはりそのくらいはかかるものだと思います。

 

脱毛ラボのVIOおすすめコース

脱毛ラボのコースでVIO脱毛できるのは3つ。
それぞれのコースでVIO脱毛をした場合の料金を比較してみましょう。

全身脱毛コース 105,130円/6回
選べる部分脱毛28ヶ所 78,760円/6回
都度払い 9,000円/1回

(Vライン上+Vライン+Iライン+Oライン)

 

全身脱毛の脱毛ラボでは全身じゃなくてもオーダーメイドの好きな部位を選択するコースでもVIOを選択できます。
VIOだけでいいのなら、都度払い脱毛が最も安く脱毛できますが、他の部位も一緒に脱毛したい方は他のコースもおすすめです。
VIOだけのコースというのはありませんが、選べる部分脱毛が対応しているのは嬉しいですね。
他のサロンでは、VIO脱毛は全身脱毛とは別コースになっているところもあり、また選択式の場合はVIOの部位は一切選択できないなんてこともあります。でも脱毛ラボはどのようなコースでもVIOを選択することができるんですよ!

 

脱毛ラボのVIOはどのコースでも対応

例えば・・・
ミュゼの場合は、デリケートゾーンのみのプランはハイジニーナ7というプランになります。
別コースになっているため、へそ下なども含めた全7箇所と結構広範囲。そこまで必要ないという人にはちょっと金額的にもったいないかな?と思われる部位もあるのも事実です。
また、エピレの場合はVIO・5というプランでデリケートゾーン5箇所が脱毛できるプランです。

 

こちらの2つが主にVIO脱毛のみができるプランですが、どちらも回数制。
月額制とは違い、回数制のため比較的高額を一括で支払う必要があります。
脱毛ラボの場合は、VIO脱毛部位を選んでも、月額制も回数制も好きな方を選択することができます。
つまり、VIOだけ別のコースや支払い方法を選んだりすることがなく、全て全身脱毛と同じ扱いで脱毛できるということなんですね。
脱毛ラボではVIOは全身脱毛と全く同じなので安心してくださいね。

 

脱毛ラボの都度払い脱毛

医療レーザー脱毛の場合はベーシックな都度払い脱毛ですが、脱毛サロンでは意外と見ないプランです。
VIO全体を脱毛したい場合はセットプランがおすすめですが、Iラインだけ、Oラインだけ、Vラインだけ、など各パーツそれぞれ一部位だけ脱毛したい方には、脱毛ラボの都度払い脱毛がお勧めです。

 

Sパーツ・・・Vライン上
Mパーツ・・・Vライン・Iライン・Oライン

 

VIOの脱毛部位はそれぞれSパーツ・Mパーツに別れます。
それぞれの部位の脱毛料金はこちら。

Sパーツ 1,500円
Mパーツ 2,500円

全て、1部位1回の金額で、脱毛したその日に料金を支払うので特別なことはなにも必要ありません。
脱毛した分だけお金を払う方式って、意外と余計なことを考えなくていいので安心できます。
ただし、VIO全部を脱毛したい場合はセットプランの方がオトクですよ♪

 

全身脱毛に含まれるVIOの部位は?

脱毛ラボの全身脱毛を選んだ理由は、VIOが含まれているから、という意見が多いです。
まだまだ今でも全身脱毛に含まれにくいVIO脱毛。脱毛ラボでは5部位全て含まれているので別契約の必要がありません!

・V上
・Vライン
・Iライン
・Oライン

脱毛ラボのVIOで珍しいのはV上
この位置は意外と全身脱毛に含まれるVIOの部位としてはあまりない部分なんです。
VIO脱毛は、全身56ヶ所28ヶ所12ヶ所のどれでも選べるので、最安値では1,980円から。
VIO脱毛のみを考えてもかなり安く脱毛できるので大人気です。

 

脱毛ラボのVIO脱毛でできる形は?

脱毛ラボのVIO脱毛では、一般的に可能なVIOの形は全て行うことができます。
なかでも人気はやっぱり定番の形。
脱毛ラボのVIOの形で人気No.3はこちら。

 

  1. 逆三角形小さめ
  2. 逆三角形大きめ
  3. 卵型(オーバル型)

 

人気の逆三角形は、ショーツからはみ出さない程度でいい人は大きめ、ビキニからはみ出したくない人は小さめにされるようです。どちらにしても、人気の形です。
3位の卵型は、カクカクとした形だとそろえているとバレてしまうのが嫌だという方におすすめ。
自然な卵型なので、脱毛サロンで整えたとわかりにくいと思います。

 

その他にも以下のようなVIOの形が人気です。

 

VIOの毛の量について

脱毛ラボのVIO脱毛で形を整えるとき、毛質や毛の量にも注目してほしいところ。
希望の形にしたものの、なんだか思っていたのと違う・・・と感じる方は、毛の量が多い場合が多いです。
毛質が細い方はそのまま形を整えてもうまくいく場合が多いですが、毛質が太かったりする場合は最初の3~5回は全体的に照射してしまい、その後不要な部分だけ照射していけば、全体的なVIOの毛の量が減り形も整えやすくなります。全部剃るのは抵抗がありますが、一度やってしまえばすぐに慣れてきます。
時間がかかっても丁寧に形を整えたい人は、まずは全剃りからスタートするのがオススメです。

 

脱毛ラボのVIO脱毛が人気の理由

最近VIO脱毛を行う女性が非常に増えているんです!
以前はあまり目立たなかったコースでしたが、今や脱毛といえばワキかVIOか、というくらいの人気の脱毛部位。
VIOの脱毛にはどのようなメリットがあるのかというと、やはり水着や下着からはみ出さないようキレイに履きたい人にとってはVラインIラインは必須なのですが、それ以外にもデリケートゾーンを清潔に保つ、という意味で脱毛したい人もたくさんいるんです!

 

VIIOの脱毛をすると、ムレたりかぶれたりしにくくなる他、皮膚病にもなりにくくなると言われています。
確かに生理の時や夏場はかゆくなったりすることもあり、薬が手放せない人もいますよね。
そんな方はVIO脱毛を一度体験してみると、非常に清潔で痒みなどもなくなって清潔に保たれていて気持ちが良いんです。
ぜひ、一度体験してみてください。自己処理だけでもだいぶ違うと思いますよ!

 

脱毛ラボ VIO脱毛の注意点

他のサロンもほぼ同じですが、脱毛ラボでVIO脱毛するときの注意点をご紹介いたします。

 

生理中は施術NG

どの脱毛サロンでもそうだと思いますが、生理中は施術することはできません。
肌が敏感になっていて痛みを感じやすかったり、炎症を起こしたままなかなか引かなかったりと、生理中はあまり雑菌が入るようなことはしない方がいいということで、脱毛ラボでは生理中の施術はNGとしています。

 

生理日と施術日が重なってしまった場合、月額制と回数制では対応が違います。
月額制の場合は、別の日に振り替え等の対応は行っていません。
なので、残念ながら消化扱いとなってしまいます。

 

回数制の場合は、VIOとヒップのみ別の日に振り替えすることができます。
生理当日はVIOとヒップ以外の部位を施術してもらい、後日VIOだけを施術するという方法ができますので安心ですね。

 

どちらにせよ、生理になりそうな日は予約を入れないようにするか、前々日にキャンセルしておくのが無難ですね。

 

前日まで要シェービング

シェービングはVIOに限らず施術の全日までに行っておく必要があります。
VIOの場合、Oラインのみ自分で処理できないので有料でもスタッフにお願いした方がいいでしょう。
剃り残しも有料になりますのでシェービングは念入りに行っておいてくださいね。

 

キャンセルは前々日21時30分まで

キャンセルするのを忘れて慌てて当日などにキャンセルしてしまうと、その1回分は消化扱いとなってしまいますので注意しましょう。直前まで予定がわからない時以外は、できるだけ早めにキャンセルの連絡は入れておくようにしましょう。

 

うっかり忘れは全て有料だったり消化だったりとあまり良い扱いになりません。
特に月額制の方は、シェービングやキャンセルについて脱毛ラボは非常に厳しいので特に気をつけておきましょう。

 

脱毛ラボのVIO 自己処理と効果について

VIOの自己処理は前日に行っておく必要があります。
自己処理ができていないと剃り残しでシェービング料を取られたり、思った通りの形に照射してもらえなかったりする場合があります。
脱毛ラボでVIO脱毛をする上で、どのように自己処理をしておけばスムーズに当日照射してもらえるのかしっかり確認しておきましょう。

Vライン・Iラインは前日までに剃っておく

当日の朝または前日の夜に処理すると、しっかり自己処理できます。2mm以上だと剃り残しと判定されてしまいますので、何回かにわけて処理すると剃り残しもすくなくなります。

保湿を忘れずに

乾燥していると照射してもらえない場合があります。
しっかり保湿しておくことで、トラブルを防ぎます。
特に自己処理の後はしっかり保湿しておきましょう。

毛抜き・脱毛クリームは使用しない

毛を抜くという行為は自己処理としてはNGです。必ずカミソリなどでシェービングしてください。
また、脱毛クリームやテープなどの処理もオススメできません。肌に傷ができるような処理は控えましょう。

Oラインは任せる

Oラインのような目に見えない部位の処理は無理せずに任せましょう。
お金はかかりますが、傷ができてしまったりすると照射そのものができません。
VIOのシェービング料は1回1,500円。キレイに仕上がるので、最初からお願いした方が良いと思います!

 

脱毛ラボのVIOの痛みと服装

VIO脱毛で料金の次に気になるのはやはり痛みと脱毛の際の服装や格好。
脱毛以外で他人にそのような部位を見せることなどめったにないと思うので、恥ずかしかったり緊張したりするのは当然です。
そこで、VIO脱毛への疑問について、多くの口コミや体験談からまとめてみました。
私の経験談もありますので、参考にしてくださいね。

口コミ&体験談

VIO脱毛は痛いっていうけど我慢できるの?
VIOは皮膚が薄いデリケートな部分なので、他の部位に比べるとやはり痛みはあります。
でも我慢できないような激しい痛みではなく、一瞬ちくっとする程度の痛みなのでそれほど心配することはありません。
ただ、私は「痛いかも…」と心の準備ができていると我慢できますが、うとうとしていたり気が抜けている状態だと突然刺激がくるのでびっくりはしますね笑

 

VIOの自己処理って全部剃らなきゃいけないの?
VIOの全体のムダ毛を減らしたい場合は、最初の何回かは全部剃らなければいけないそうです。初回に脱毛ラボでその説明を受けるまでは、VIOのムダ毛を全体的に減らしたいなと考えていたのですが、それを聞いて辞めました笑
さすがに全部剃るのは抵抗があったので、はみ出る部分だけ整えるようにしました。
でも、全体の量を減らしたい方は全剃りが必要ですね。

 

Vラインの形は選べるの?
最初にVIO脱毛をするときに、どんな形にしますか?と聞かれて困ったことを覚えています。
Vラインの形は、自分で好きな形を選んで脱毛することができるのですが、一般的にどんな形があるのかなんてなかなか知らないですよね。

一般的なVIOの形としてはこのようなパターンがあります。
その他にも自分の好きな形にすることもできます。
どうやって自分の好きな形にするかというと、自己処理の際に自分の好きな形にキレイに整えておくことで、自己処理した部分に照射してもらうことで希望の形になります。

 

毎回同じ形にしようと思ったら、最初のうちは結構頻繁に自己処理しておく必要があるので結構面倒ですね。
こだわりがない方は、ナチュラルまたはトライアングル、トライアングルミニあたりが一般的な形なのでその形になるように整えておけばいいかなと思います。

 

VIO脱毛ってどんな体勢で脱毛するの?
VIOの脱毛をするときに気になるのが大勢ですよね。初回は誰でも恥ずかしいと思いますが、何度も通っていると恥ずかしくなくなってきますので大丈夫です。
具体的な体勢というと、仰向けまたはうつぶせの状態で、照射する部分以外はタオルで隠してあります。
顔も隠しているので、スタッフの顔を見ることもありません。
片方ずつ足を倒した状態でサッと施術してくれるので、初回に恥ずかしいなと思っていても「あれ?」という程度で終了します。
なによりスタッフがスピーディかつスムーズに施術してくれるので恥ずかしいと思う暇もなく照射してもらえるので安心です。